旅立つのなら、晴れた日に

ブラジル音楽や特撮作品に対する考察などを中心にお伝えする雑食系ブログ。

Livre Estou / Frozen - Uma Aventura Congelante 【Let It Go ポルトガル語版】

ブラジル音楽の歌詞和訳・解説。

第9回目は、ディズニー映画アナと雪の女王(原題:Frozen、ブラジル版タイトル:Frozen - Uma Aventura Congelante)から、世界的に大ヒットした挿入歌 Livre Estou (原題:Let It Go、邦題:ありのままでを取り上げます!

 

f:id:ou-ki:20190302203514p:plain

皆さんはオラフ好きですか?

 

日本公開は2014年(米国公開は2013年)で、(記事執筆時で)もう5年も前になるんですね…。

2019年11月には、続編であるアナと雪の女王2」の公開が予定されています!

 

予告はこちら↓


Frozen 2 | Official Teaser Trailer

 

 オリジナル版ではIdina Menzelさん、日本語版では、エルサの吹き替えも担当された松たか子さんが唄っています。

ブラジル公開版はTaryn Szpilmanさんが吹き替えと唄を担当されました

ポルトガル公開版では、Anna Encarnaçãoさんという歌手が唄を。女優のMaria Camõesさんが吹き替えを担当されています。

この映画の場合、ブラジルとポルトガルでタイトルは同じなのですが、副題が異なっています。

ブラジル公開版:Frozen - Uma Aventura Congelanteポルトガル公開版:Frozen- O Reino do Geloとなっています。

 それぞれ「フローズン-氷の冒険」(伯)「フローズン-氷の王国」(葡)といった具合ですね。

当ブログでは基本的にブラジルポルトガル語版を取り上げます。

 

それでは、早速歌詞を見てみることにしましょう!

 

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Livre Estou

作詞、作曲 Kristen Anderson-Lopez, Robert Lopez (原曲)

 

A neve branca brilhando no chão

地面に輝く白い雪
Sem pegadas pra seguir

後を追おうにも足跡がない
Um reino de isolamento e a rainha está aqui

孤立の王国で女王はここにいる
A tempestade vem chegando e já não sei

嵐が来ていても私はどうしたらいいか分からない
Não consegui conter, bem que eu tentei

私は抑えられないの、頑張ってみたけど

 

Não podem vir, não podem ver

人々は近づけない、見ることもない
Sempre a boa menina deve ser

いつも良い子でいないと
Encobrir, não sentir, nunca saberão

(気持ちを)隠し、何も感じなかった、 (人々には)二度と知られることもない
Mas agora vão

しかし今はもう違う

 

Livre estou, livre estou

私は自由、私は自由よ
Não posso mais segurar

もう我慢できない
Livre estou, livre estou

私は自由、私は自由よ
Eu saí pra não voltar

帰らないつもりで出てきたの


Não me importa o que vão falar

彼らが何を言おうと気にしない
Tempestade vem

嵐が来ても
O frio não vai mesmo me incomodar

私には寒さなんて何ともない

 

De longe tudo muda

遠くにいたら全てが変わる
Parece ser bem menor

とても小さく見える
Os medos que me controlavam

私を支配していた恐怖が
Não vejo ao meu redor

私の周りに見えないの
É hora de experimentar

今こそ(新しい)経験の時よ
Os meu limites vou testar

自分の限界を試すの
A liberdade veio enfim

やっと自由がやってきた
Pra mim

私に

 

Livre estou, livre estou

私は自由、私は自由よ
Com o céu e o vento andar

空や風と歩む中で
Livre estou, livre estou

私は自由、私は自由よ
Não vão me ver chorar

私の泣き顔なんて見ることはない
Aqui estou eu e vou ficar

ここにいて、ここに残るの
Tempestade vem

嵐が来ても

 

O meu poder envolve o ar e vai ao chão

私の力が空気を伝わって地面に届く
Da minha alma fluem fractais de gelo em profusão

私の魂から氷のフラクタルが溢れる
Um pensamento se transforma em cristais

思いが結晶に変わる
Não vou me arrepender do que ficou pra trás

残してきたものを後悔なんてしない

 

Livre estou, livre estou

私は自由、私は自由よ
Como o sol vou me levantar

太陽のように私は昇る
Livre estou, livre estou

私は自由、私は自由よ
A tempo de mudar

今こそ変わるとき
Aqui estou eu

ここにいるの
Vendo a luz brilhar

輝く光を見ながら
Tempestade vem

嵐が来ても
O frio não vai mesmo me incomodar

私には寒さなんて何ともない

 

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------ 

 

youtu.be

今回の曲は、それぞれの言語での解釈が色々異なっていて、興味深いものになっています。

日本語版は、自分の個性を肯定するような歌詞に。

英語版は、「もうどうでもいいや」みたいな、ある意味吹っ切れた歌詞。

ポルトガル語は、タイトル通り自分が自由であることを強調する歌詞になっています。

 美麗な氷の表現と共に、それぞれの歌詞の意味を考えてみると、映像から受ける印象がかなり変わってくるのではないでしょうか。

 

日本語版「ありのままで」↓


映画『アナと雪の女王』松たか子が歌う本編クリップ

 

オリジナル版「Let It Go」↓


Disney's Frozen "Let It Go" Sequence Performed by Idina Menzel

 

実際、 この曲が歌われたシーンというのは、エルサが自ら作り出した氷の城を自分の居場所とする、即ち完全に自分の殻に閉じこもってしまうという、一種絶望的ともいえる場面です。

しかし、この歌のパワーは、本当の自分を解放したという喜びと力強さに溢れています。

単純な言葉では表現できないエモーショナルな部分が、多くの観客の心に刺さったからこそ、映画全体のヒットに繋がったのではないでしょうか。

 

 

 さて、今回のブラジル音楽の歌詞和訳・解説は如何だったでしょうか?

これからもブラジル音楽の奥深い世界を発信していきますので、宜しくお願い致します!