旅立つのなら、晴れた日に

ブラジル音楽や特撮作品に対する考察などを中心にお伝えする雑食系ブログ。

Depois do Prazer / Só Pra Contrariar

ブラジル音楽の歌詞和訳・解説。

記念すべき第1回目は、 Só Pra Contrariar(ソー・プラ・コントラリアール)の大ヒット曲、Depois do Prazer(喜びの後に)をお送りします!

 

 

1990年代、最も人気を集めたサンバ・パゴーヂ(=Samba Pagode。サンバのジャンルの一つ。)グループが、ブラジル南東部Minas Gerais(ミナス・ジェライス)州出身のAlexandre Pires(アレシャンドリ・ピレス)率いるSó Pra Contrariar(以下、SPC)です。

1997年発売のアルバム「Só Pra Contrariar」は、翌年350万枚を売り上げ、ブラジル市場で初めてトリプル・ダイアモンド・ディスクを獲得しました。

f:id:ou-ki:20190221000716p:plain

真ん中にいるのが、ヴォーカルのAlexandre Pires

この350万枚という数字は、ブラジル国内音楽史上最高記録!

(ちなみに、1998年当時は、CD売上100万枚がダイアモンド・ディスク。2019年現在は、ダイアモンド・ディスク=30万枚となっています。)

 

それでは、そんな彼らの代表曲がどんな歌詞なのか、見てみることにしましょう!

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Depois do Prazer

作詞:Chico Roque、作曲:Sergio Caetano


Tô fazendo amor com outra pessoa

Mas meu coração, vai ser pra sempre teu

別の人と愛を育んでいても、私の心はあなたへ向いてしまう。

O que o corpo faz a alma perdoa

体を作っているのは失った心。
Tanta solidão, quase me enlouqueceu

とめどない孤独は、もう少しで僕を狂わせるほどに。


Vou falar que é amor

それが愛だと(僕は)言う。

Vou jurar que é paixão

情熱だと誓う。

E dizer o que eu sinto com todo carinho

Pensando em você

Vou fazer o que for

あなたを想いながら、どんな愛も僕が感じていることを示すよ。

例え遠く離れても。 

E com toda emoção

A verdade é que eu minto, que eu vivo sozinho

僕は本当は嘘をついている。僕は全ての感情とともに孤独に生きている。

Não sei te esquecer

僕は君を忘れられない。


E depois acabou, ilusão que eu criei

一人になると、僕は錯覚を覚える。

Emoção foi embora e a gente só pede pro tempo correr

情熱はどこかに消えて、人はただ時が過ぎ去ることを望む。

Já não sei quem me amou

誰が僕を愛していたか、もう分からない。

Que será que eu falei?

僕は何を話したのだろう?

Dá pra ver nessa hora que o amor só se mede

会うなら愛が純粋に思える瞬間に会ってくれよ。

Depois do prazer
喜びの後に。

 

Fica dentro do meu peito sempre uma saudade

胸の中にいつも寂しさを感じる。

Só pensando no teu jeito

君の姿だけを考えている。

Eu amo de verdade

本当に愛しているよ。

E quando desejo vem é teu nome que eu chamo

感情が押し寄せると、君の名前を呼んでしまう。

Posso até gostar de alguém

誰かを好きになれるまで

Mas é você que eu amo

僕が愛しているのは君なんだ

 

Você que eu amo

君なんだ。

 

(出所)Só Pra Contrariar『Só Pra Contrariar』(BMG、1997年)。

 

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

www.youtube.com

いやー、未練タラタラ、甘々のラブソングですね!

訳している自分も恥ずかしくなってくるくらい。

 

 SPCが得意としたサンバ・パゴーヂは、ホマンチコ(=rômantico、ロマンチック)系と呼ばれ、「サンバ的な味付けをされたもの」と揶揄されることもありました(簡単に言うと、「こんなのサンバじゃねぇ!」って言われることもあったようです)。

ですが、サンバの楽器を使い、伝統的なリズムにのっとった曲も少なからず存在していました。故に、これも時代によって多様化したサンバ・パゴーヂの姿の一つであると言えますね。

90年代以降、所謂「パゴーヂ」の一般的なイメージが、この曲のようなホマンチコ系、即ちよりポップなサンバを意味するようになっていったことからも、Só Pra Contrariarを始めとするホマンチコの影響力の強さを感じ取ることができると思います。

 

 さて、今回のブラジル音楽の歌詞和訳・解説は如何だったでしょうか?

これからもブラジル音楽の奥深い世界を発信していきますので、宜しくお願い致します!

 

Depois do Prazer

Depois do Prazer

  • Só Pra Contrariar
  • ブラジル
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes